未来が変わる。日本が変える。

シックハウス検査

シックハウス検査の特長・利点

最良の対応方法を提案、安全・安心に住める家へ

検査機関は通常検査のみの対応となっている為、揮発物質の確認の有無は関係なく、そこで終了してしまいます。残された家庭はどうなるのでしょうか…私達は、揮発物質の特定に努め、最良の対応処置を提案し、行動に移し、安全・安心に住める家へ環境を整えます。

検査項目

使用されている全部屋の測定を実施し、安全環境を確保する事を最大の目的とする事で、どの検査機関よりも圧倒的な低検査料金を設定しております。(測定に要する時間はおよそ3時間~4時間/3LDK)

検査項目 主な発生源 料 金
相対湿度 -

8項目検査
基本料29,800円

(2部屋目以降は1部屋
12,800円)

温度 -
ホルムアルデヒド 建材等に使われる接着剤や防腐材
トルエン 接着剤や塗料の溶剤・希釈剤、ガソリン
キシレン 合板の塗装、カーテンの難燃剤として使用される塗料溶剤
エチルベンゼン 一般塗料や合板等の難燃剤
スチレン 樹脂や合成ゴムに含まれ、断熱材等
浮遊粉塵 浮遊粉塵
ダニアレルゲン - 1検査8,400円
二酸化窒素 -
一酸化炭素 - 状況により測定
二酸化炭素 -
臭気データ -
気 流 -
【 基本料に含まれるもの 】
各部屋ごとの測定結果報告書・測定時の検査薬剤消耗品・出張費・検査費・ファイリング代・室内空気測定検査済ステッカー・臨時検査時基本料金半額適用・触媒施工時の特別割引料金適用